クードサヴォア (200g)

ローヌ・アルプス地方はサヴォアの山で放牧した牛のミルクで作られています。トンネルカーヴで最低6ヶ月熟成させることによって外皮がオレンジ色に変化し、「サヴォアの花」と呼ばれる香りと、絹のような滑らかな触感になります。
夏草の香りがしてナッティで、ミルクの甘みとナッツのような風合いです。フルーティな軽めの白ワインと相性が良く、長い余韻が生まれます。エルベモンスという熟成士の手掛けたセミハードチーズです。

エルベ モンス氏とは
チーズ販売店を営む両親のもとオーヴェルニュ地方で育ったエルベモンス氏。
2000年に、フランス国家最優秀職人章であるM.O.F.チーズ熟成士の栄誉ある初代M.O.F.を授章。
弟ローラン氏と共にチーズの熟成に情熱を注ぎ、各国に熟成チーズを広めながらチーズに携わる人材育成の教育機関を設立。
現在も世界に向けてチーズの食文化を発信しつづけるチーズ界のトップランナーです。

販売価格:1,960 円(税込)

ポイント:19 point

生産国 フランス
タイプ セミハード
内容量 200g
保存方法 一度真空パックを開けたものをそのまま冷蔵庫保管すると、庫内の空気に触れてカビが生えやすくなってしまします。開封後はラップはこまめにとりかえて冷蔵庫で保存してください。こまめに変えると、いわゆるラップ臭が防げます。
相性の良いもの フルーティーな軽めの白ワイン