キアンティクラシコ オルマンニ

オルマンニを代表するクラシカルな1本
バルベリーノヴァルデルサの平均樹齢40年の葡萄を選抜。ステンレスタンクで醗酵、大樽とバリックで12か月熟成。 クラシカルなスタイルのキアンティクラシコ。

内容量: 750ml/原産国: イタリア トスカーナ州/種別: 赤/サンジョベーゼ100%

【蔵名】 ファットリア オルマンニ
【所在地】 トスカーナ州シエナ県ポッジボンシ
【創業】 1818年
【オーナー】 パオロ=ブリーニ
【ディレクター】 ロッコ=ジョルジョ
【コンサルタント】 パオロ=サルヴィ

ファットリア オルマンニとは
ファットリア オルマンニはキアンティクラシコエリア西部、ポッジボンシからバルベリーノヴァルデルサに位置するワイナリーです。 オルマンニ家の歴史は古く、13世紀のダンテの『神曲』にもその名が登場します。その後、戦争によりオルマンニ家がフィレンツェを追放されると、スカラッティ家、メディチ家の統治を経て、19世紀に現在のオーナーであるブリーニ家の所有となります。

現在のカンティーナは1914年に作られたもので、1924年にキアンティクラシコのコンソルツィオが発足された時の創設メンバーでもあります。 1960年代にはサンジョヴェーゼの巨匠・ジュリオ=ガンベッリ氏をコンサルタントとして招き入れ、サンジョヴェーゼに重きを置いたワイン造りに注力しました。

国際品種が持て囃された1990年代のスーパータスカンブームとは距離を置いたため世界的注目度は上がりませんでしたが、土着品種葡萄に注目が集まるようになった近年、サンジョヴェーゼのポテンシャルをピュアに表現するワイナリーとして注目され始めました。

2010年にはサンファビアーノカルチナイアのディレクターを務めたロッコ=ジョルジョ氏が加入。 ロッコ氏はガンベッリ氏の「今までポテンシャルを発揮しきれなかったこの土地の実力を形にしてほしい。」という遺言に従い、恵まれたテロワールを最大限に生かすため、ガンベッリ氏の一番弟子であるパオロ=サルヴィ氏と共に、畑の手入れ、醸造所の管理などの改革を進めています。 バランスを重視したクラシカルなワインは今後、更なる進化を遂げようとしています。

販売価格:3,300 円(税込)

ポイント: 33 point

生産国 イタリア トスカーナ州シエナ県ポッジボンシ
原材料 葡萄品種:サンジョヴェーゼ100%
タイプ 赤ワイン
内容量 750ml