ジョアン・パト バガ ダック

スムーズで飲み心地の良い味わい。果実味と酸味が絡み合うアフターテイストが秀逸。
ジョアン・パトのワインはバイラーダ地方の固有品種とその海から影響を受ける特異なテロワールを表現しており、ワイン造りにおいて人的な介入は最小限に抑えられます。 バイラーダのワイン造りの基準に縛られずに、固有品種こそがバイラーダワインになりえるとの考えから、ラベルには地域の表示は行っていないものもあるが、全てバイラーダの自社畑、主に砂地土壌のAmoreira da Gândaraと石灰粘土土壌のÓis do Bairroの二つ畑のバイラーダの固有品種のぶどうから造られます。

味わいコメント
辛口。ルイス・パトが造り上げたバガ種ワインのスタンダードをベースに新たなスタイルに挑戦したワイン。タンニンの強さを特徴としたバガ種ワインはすでに過去のもの、新世代は実にスムーズで飲み心地の良い味わい、そして果実味と酸味が絡み合うアフターテイストはこのワインの秀逸性を物語る。

生産者について
1970年、ジョアン・パトはバイラーダ地区で自社製造のワインを自らボトリングして販売を開始した。バイラーダ地区では初めての試みだった。その息子ルイス・パトは当時化学薬品会社の技師として働いていたが1983年にジョアンのワイナリーを引き継いでワイン造りを開始した。ルイスはバイラーダのワイン造り、特にこの地の伝統的なブドウ品種バガ種の可能性に着目し、それまで粗削りだったバガのワイン造りを新たな視点で挑戦し2000年には世界的な評価誌ワイン&スピリッツ誌の年鑑でポルトガルのトップ生産者に位置づけられ、同時に彼の造るバイラーダのバガ種のワインもポルトガルを代表するプレミアムと評価されるようになった。2004年には英国の評論家ジャンシス・ロビンソンがルイス・パトをヨーロッパのトップ25ワイナリーに選出している。 ルイスの娘、マリア・パトは父親からこの偉大なワイナリーを引き継ぐべく、現在ルイスとともワイン造りを行っている。彼女は偉大な父ルイスへのリスペクトは当然だが、祖父ジョアンが現在のルイス・パトの原点になっていることに着目し、ジョアン・パトへのオマージュを込めてルイス・パトの新たなレンジ、よりナチュラルなワインレンジに祖父の名、ジョアン・パトを冠したワインを発表した。

販売価格:3,300 円(税込)

ポイント: 33 point

生産国 ポルトガル バイラーダ
原材料 バガ85%、トウリガナショナル15%
タイプ スティルワイン
内容量 750ml
アルコール度数 12.5%