ミモレット12ヶ月熟成(100g/200g)

【12ヶ月熟成】からすみ似の日本酒や和食にも!合わせやすいオレンジ色の人気チーズ♪

こちらは12ヶ月熟成です。熟成違いでミモレットの食べ比べもおすすめです♪
12ヵ月熟成のミモレットは組織が締まり旨みが濃縮されています。塩味もしっかりと感じられるのでカラスミのようです。薄くスライスしてサラダにまぶしたり、スライサーで削ってパスタにふりかけても美味しく召し上がれます。鮮やかなオレンジの色合いはお料理に彩りをプラスしてくれます。味噌や醤油に近い塩味がありますので、和食にアレンジすることも多いチーズです。
まだやわらかさの残る12ヶ月熟成のミモレットは、ミルクの甘い香りとうまみが凝縮され、辛口の白ワインやビール、日本酒にもよく合います。

ミモレットとは>
フランスが原産国のハードチーズ。誕生は17世紀頃。当時フランスでは外国製品の輸入が禁止されていたため、オランダ産の有名なハードチーズ「エダムチーズ」を元に、国内オリジナルのチーズとして作られたのがミモレットの始まりです。フランス語で「半分やわらかい」という意味の「ミ・モレ/mi-mollet」がミモレットの由来。

熟成期間は浅いもので3ヶ月、長いものでは2年以上で、ゆっくりと熟成が進むので食べ頃が長く続きます。外皮は茶色で、熟成が進んだミモレットは、エダムチーズに習い、ダニを使った作用で表面が月面のように穴があいてボコボコしています。この「シロン」というチーズダニは人を刺すダニとは種類が違い、白カビを餌にします。ダニがカビを食べることにより、脂肪分が残り、外皮の表面積を増やして水分をコントロールしてくれるのです。若いミモレットの外皮はツルツルですが12ヶ月熟成あたりからボコボコしてくるのはこの「シロン」が美味しいチーズを作るための作業を一生懸命してくれた証とも言えます。

熟成の若いタイプなのでサラダにスライスしても美味!そして何といっても、ミモレットの一番の特長は、その鮮やかなオレンジ色ですよね!ベニの木の実から採られた植物色素「アナトー/annatto」で色付けされています。アナトーは、食品添加物としてだけではなく、口紅などの化粧品用としても使われている色素なのです。宝石のようなつややかなオレンジ色は、見ているだけでうっとりし、食べるのが惜しくなってしまいそうですね。その名の通り、若いうちはやわらかな食感ですが、熟成がすすむにつれて徐々に硬くなり、旨みやコク、木の実のような風味が増していきます。塩気の奥にある濃厚な複雑さから、「からすみ」に例えられることもしばしば。

また、スモークの効いたスコッチウィスキーなども面白いです。熟成が若めのこちらのミモレットは、生地も弾力があり、カットしやすいので薄くスライスしてサラダにまぶしたり、スライサーで削ってパスタにふりかけても美味です。他チーズと違い、鮮やかなオレンジの色合いはお料理に彩りをプラスしてくれます。味噌や醤油に近い塩味がありますので、和食にアレンジすることも多いチーズです。

販売価格:1,425 円(税込)

ポイント: 14 point

生産国 フランス
原材料 生乳、食塩、着色料(アナトー)、卵白リゾチーム
タイプ セミ&ハード
内容量 100g
保存方法 要冷蔵10度以下
味わい クセの強さ★★★★☆
クリーミー★☆☆☆☆
塩分★★★★☆
酸味★★★★☆
希少性 ★★★★★
相性の良いもの ワイン: キアンティクラシコ リゼルヴァ チェッロレ その他: ドイツビール